よくあるご質問
製品について

例えば引越しの機会に新しく家具を購入しようとした場合、設置条件だけであればメジャーを利用して購入検討ができます。
しかい、その家具を購入することで部屋のイメージはどう変わるのか?配置変更ができそうなのか?といった部屋全体を俯瞰して初めて理解でき る事もあります。
重い家具を実際に配置し直すのも大変な作業なので、間取り図を利用してこのアプリで納得できるまでいろいろと模様替えを検討してみてください。

「間取りTouch!」は、主に不動産業務で間取り図を効率的に作図するために開発された業務用アプリです。
このため、CADと同様の精度が図面に求められ、居住空間自体を2次元で表現できます。
一方、インテリアプランは家具を配置することで居住空間の大まかな雰囲気を表すアプリです。
図面に高い精度は求めず、既にある図面を利用して家具配置のシミュレーションだけを手軽に行うことができます。
目的に応じて使い分けていただくことを推奨いたします。
なお、「間取りTouch!」では今後バージョンでインテリアプランの下絵読み込み機能等の便利な機能追加を予定しています。既に「間取りTouch!」をご利用のお客様はバージョンアップの機能を確認してインテリアプランのご購入をご検討ください。

このアプリでは間取り図を作成することはできません。当社の別販売アプリ「間取りTouch!」をご検討ください。

お客様に実際に提出する図面はCADやプレゼンソフトで作成する必要があるかもしれません。
しかし、打ち合わせの初期段階から本格的に図面を起こし変更をその都度加えるより、現場でお客様のご意向を簡単に反映できるiPadアプリはコミュニケーションツールとして大変役立ちます。インテリアプランも業務で是非ご利用ください。
なお、法人様でご導入いただく際にもっと最適に利用できるカスタマイズ版もご用意しています。詳しくは「法人向けサービス」をご覧ください。

操作方法

いいえ、読み込める静止画像形式であれば撮影した機材は問いません。読み込み可能なファイル形式は、JPEG、PNG、GIF、BMP、TIFFです。

画像の傾きを補正するには、回転の機能を使用します。マルチタッチになっていますので微妙な角度を調整するには2本の指を離して大きめの円弧で角度調整を行ってください。

自分で家具等の画像を追加することは現在できません。添付してある家具等のサイズを変更してご利用ください。

トラブルシューティング

1行に最大表示文字数32文字で入力されていた場合、途中からテキストを挿入すると1文字ずつ改行される仕様となっております。
この場合は、入力終了後に改行を修正してご利用ください。

 

URLスキームの仕様について

下記コードを設定することで、iOSで起動中のアプリおよびWebサイトからインテリアプランを起動し、間取り図を連携して読み込むことが可能となります。

mhinteriorplan://open?url=<画像のURL>

【注意事項】

・画像ファイルのURLは絶対表記のローカルファイルパスか、「http~」から始まる絶対パスを記述してください。

・画像ファイルのURLはインテリアプランがアクセス可能である必要があります。
他アプリが管理するローカルパスや認証が必要なWebサイトを参照することはできません。

・画像のURLはURLエンコード(%エンコード)されている必要があります。

・リンクする画像のフォーマットは、JPEGまたはPNGファイルのみが対象となります。

・連携には、URLスキーム対応のVer.1.2.0以降のインテリアプランがインストールされている必要があります。

 

URLスキーム設定のサンプルサイトはこちら>>

 

お問い合わせ

インテリアプランへのご要望は下記メールアドレス宛にお願いいたします。
なお、ご質問に対する回答は行っておりませんのでご了承ください。

メールアドレス : appsupport@magic-hour.co.jp (送信される際には@を半角英数に変更してください)